展示本紹介・エストニア

アリス展を開催するにあたり、企画時より
合わせて本の展示をする事についてこだわりを発揮しているHiroです


自分自身がテニエルやJAPANイラストレーターのアリス以外のALICE本を見た時のドキドキした感じ
今回会場で体験して頂けたら嬉しいです
世界にはこんなにも沢山のALICEが居たんだ!!!と
知った当時は衝撃でした


最近はインターネットで色々な本を買う事が出来ますが
その時はあちこちの古本屋さんを覗いては探す、を繰り返してました

今は海外物でも本屋さんで少し手に入りますし
お気に入りのアリスを探してみても面白いかもしれません


本日ご紹介するのはエストニア語のアリス

エストニア1

実物はもっと強い色の力を感じます
白うさぎの家が裏表紙に


気に入っている挿絵はこちら

エストニア2

よく見ると衣装もお洒落なんですよ
舞台衣装としても映えそうだと思うんです

エストニア3

顔は少し大仏さん風味ですが


出版は1970年
1970年の時代背景を思うと、巻末にロシア語が少し出てくるのも興味深い

挿絵や巻末部分、会場でご覧いただけますので
チェックしてみて下さいね

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleカレンダーsidetitle
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
sidetitleプロフィールsidetitle

Corona Rosarum

Corona Rosarum
Aliceを通じて知り合ったAsukaとHiroがアリス展を企画しました
About us

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleLINKsidetitle



sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleRSSsidetitle